FXZERO

FXZERO(FXゼロ)の信頼性・安全性

FXZERO(FXゼロ)の信頼性・安全性は最高の S レベル

FXZERO(FXゼロ)は金融先物取引業者に登録されているか?

FX業者がFX事業を行うには金融先物取引業者への登録が義務となっています。
登録されていない業者というのはもちろん違法業者ですね。
最近ではアライドLLCという無登録の違法業者が、
勝手にFX業者を名乗って詐欺をしていたので注意しなければいけません。

さて、肝心のFXZERO(FXゼロ)がちゃんと登録されているかというと、

関東財務局長(金商)第1777号に
きちんと登録されています
FXZERO(FXゼロ)は正規のFX業者です!

金融庁 : 金融商品取引業者登録一覧(PDF)

FXZERO(FXゼロ)は行政処分されたことがあるか?

FX業界には上記のアライドLLCのように悪質な業者も結構います。
そういう業者は過去に行政処分を受けているのですぐにわかります。
くにやすFXや日本ファースト証券の犯罪は特に悪質でした。

さて、FXZERO(FXゼロ)は過去に行政処分されたことがあるかというと、

全くありません。健全な業者です!

FXZERO(FXゼロ)の自己資本規制比率はどうか?

自己資本規制比率とはカンタンに言ってしまえば、
会社の資本比率から安全性が高いかどうかを図るバロメータです。
この数値が100%を下回ると金融庁に業務停止にされてしまうので
だいたい200%を超える数値が安全である目安となっています。
300~400%あれば、まず安心といっていいでしょう。

さて、肝心のFXZERO(FXゼロ)の自己資本規制比率は、

200%台と安全圏にあります!

ただしFXZERO(FXゼロ)は自己資本規制比率を
ホームページ上でなかなか公開しないので
その推移がちょっと不明確になっています。
この点はマイナスですね。

FXZERO(FXゼロ)は信託保全されているか?

信託保全とはFX業者が顧客の資産を信託銀行に預けることで、
FX業者が破綻しても私たちのお金が戻ってくるという安全な資産管理方法です。
2008年には信託保全していなかったFX札幌やアルファFXが破綻して
そこにお金を預けていた人はお金が全く返ってきませんでした。
けれど信託保全さえしてあれば、
万が一、業者が倒産しても私たちの資産は安全なのです。

さて、肝心のFXZERO(FXゼロ)の信託保全はどうかというと・・・

三井住友銀行で信託保全されています!

三井住友銀行は日本3大メガバンクの1つ
三井住友グループの中核を担う銀行ですね。
日本人なら誰もが知っている巨大銀行であり
そのネームバリューからも信頼性・安全性はバッチリです。
その上FXZEROは完全信託保全を実施しています。
つまり121証券やパンタレイ証券のような
一部分だけの部分信託保全ではなく全額保全なのです。

FXZERO(FXゼロ)の株主や出資者は?

FXZERO(FXゼロ)の株主や出資者は意外と
皆さんご存知ないようなのですが、日本で一番最初にFXを始めた
ひまわり証券を有するJASDAQ上場のひまわりホールディングス8738)です。

つまりFXZERO(FXゼロ)は親会社が同じ兄弟企業ということですね。
ひまわり証券はFX業界のパイオニアとも言われており、
一番の老舗から業界でも大きな信頼性をもっており、
情報が豊富な会社として有名ですね。

ただしひまわり証券は情報は豊富なれど証券業務やCFD業務もやっており
FXサービスはあまりよくありません。そのためにFXサービスに特化した
FXZERO(FXゼロ)を作ったのかもしれませんね。

FXZERO(FXゼロ)の総合的な安全性は最高の S レベル

上記の5点からFXZERO(FXゼロ)の安全性を判断してみると、
全く不安な点はありません

金融先物取引業者へ登録されており、
行政処分などもなく、
安定した自己資本規制比率、
大手メガバンクでの信託保全、
FX業界のパイオニアであるひまわりHDが親会社
といったように弱点は存在しません

短期売買向けの業者では
信託保全が一部分だけということがありがちですが、
FXZERO(FXゼロ)は完全信託保全です。
さらに親会社は顧客・業界随一の信頼をもつ
ひまわりHDであることから信頼性もあります。よって安全性は
最高のSレベルであると判断できます!

短資会社の出資を受けたセントラル短資FX
大手商社の出資を受けたFXプライム以上とはいえないものの
短期売買業者の中では最高の信頼性をもつFX業者です。